<< 『不妊治療ステップアップベストガイド』制作のあれこれ話 | main | Pomera(ポメラ)は2014年でもライターの役に立ちます >>
2014.06.30 Monday

自分、不器用ですから



あぁ、また2カ月以上もブログを更新していない…。
せめて月に一度くらいはブログを更新したい、前回の更新日を見て自己嫌悪に陥る日々にもうサヨナラしたいと思っているものの、どうやっても息をするようにブログを書くことができず、その代わりに更新していないことを、こうして毎回のエントリの冒頭に、免罪符のように書き記す不毛さといったら…。
あほらしくて、ため息すら出ません。

しかし、ため息は出ないのですが、愚痴は出ます。
この後は愚痴しか書いていないので、めんどくさい方はそっとタブを閉じられることをおすすめします。

なぜ先月(5月)、ブログを書かなかったのかと考えてみたところ、そういえば先月は自分の不器用さと遅筆さに、ちょっとうんざりしていたことがあったのです。だから、文章を書くことから遠ざかりたくて、ブログを更新しなかったような。

5月の後半、新しいお仕事のお話をいただく機会があり、そのトライアル原稿をいくつか書かせていただいたのですが、その出来がひどすぎて、勝手に自己嫌悪に陥っていました。
新しいお仕事がまったく知識のない分野のことだったり、トライアルの依頼がすべて同じタイミングで来たので〆切が重なっていたり、そのうえレギュラーでやらせていただいているお仕事の〆切とも重なっていたりという事情はあるものの、これらはすべて言い訳でしかないということ、さすがにわかっています。
まったく知識のない分野でも、〆切が重なっていても、できる人はできるんですよ。
時間があってもなくても、ソツのない、スマートな原稿を書くことができる人はいるんです。
まったくもってうらやましい。

今回、トライアルをやらせていただいて、私にはそういう「器用さ」とか「マルチな才能」といったものがまるでないんだなということに、あらためてですが気付かされました。
同じ「ライター」という肩書きをしていても、どんな分野の原稿でも器用に書ける人もいれば、特定の分野にだけ才能を発揮する人もいます。ライターをどちらかの分類に必ずぶっこまなければならないとすると、私は後者にぶっこまれるタイプの人間です。本当に才能を発揮するかどうかはさておき。

人にはそれぞれいいところがあるし、器用さだけが人生ではないけれど、フリーランスという立場でやっていく以上、できれば身につけておいたほうがよいスキルだよなぁ。でも、いまさら「はい、そうですか」と身につけられるものないんだよなぁ。

そんなことをウダウダと考えている間に、気づけば時が経っていました。

今はもう復活して、「器用さがないならないで、別のところで勝負すればいい!」と開き直っているのですが、ついこの間やらせていただいたお仕事でも、いまいちバシッとくる結果が出せず、またなんとなくこんなことを考えてしまいました。

まぁ結局、悩む時間があるということは、立ち止まれる時間があるということなので、幸せなことですよね。

さて、仕事しますか。
コメント
コメントする








 
Search this site.
Profile
Links
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM